マンガを読んで頂ける工夫


 マンガには『パッと目につきやすい』『読んでもらいやすい』といったチカラがあります。

 しかし、ただ絵と文字を組み合わせただけのものには、このチカラはありません。

 『見てもらえる』『次のページに進んでもらえる(読んでもらえる)』ようにするためには、このように考えなくてはいけないポイントがあるのです。

伝わらないマンガ



 マンガにすれば伝わりやすいと思い込む人も増えています。

 しかしマンガだから伝わるのではなく、伝わる工夫をして作るマンガだから伝わるのです。

 今回は、『伝わらないマンガ』の特徴を見てみましょう。


1.文字やコマの数が多い

 制作費を抑えるためにページ数を減らそうとするお気持ちは分ります。

 しかしページ数を減らすために、文字をキツキツに詰め込むと、とても見難いマンガになります。

 形はマンガですが、もはやこれは文章の間にイラストがあるのと同じです。

 1ページの中での文字やコマを増やして窮屈感を出してしまうと、折角見やすいようにマンガにしているにも関わらず、逆に誰からも見てもらえないマンガになってしまいます。


2.大事なポイントが分かりにくい(コマ割りのメリハリがない)

 コマの大きさは様々な意味を持ちます。

 特に大事なことを表現しているコマは大きく取るのが基本です。

 コマの大小を上手に使うことが、分りやすいマンガを作る為には必要だと言えます。


3.やたらに人の顔のアップがつづく

 必要以上に人間のアップが連続すると暑苦しく感じたり、また威圧感も感じます。

 これにより読者は、説得され感を持ってしまいます。

 折角マンガで表現するのでしたら、自然に伝わるような工夫が必要です。


4.背景の絵が無駄に多い。もしくは全く無い。

 ビジネスのマンガは『見やすく』『分りやすく』。
 そして『伝わりやすく』が基本です。

 漫画家の腕前を自慢するかのようにキレイな絵を沢山描いても、それは逆に見難いものになってしまうことだってあります。

 背景が全く無いのも素人臭いものになりますが、ごちゃごちゃ描きすぎても醜いものになってしまいます。



 情報を伝えようとすると、どうしてもセリフ(文字)が多くなってしまいます。


 しかし、それでは折角のマンガの良さが損なわれ、逆に伝わり難いものになってしまいます。 


 マンガは『絵』と『文字』の組み合わせですが、特に『絵』を活かせるのがマンガの強みでもあります。


 そこで、文字が全くないコマを活用すると表現力が強まり、マンガのチカラが引き出されることがあります。


 ページ数を抑えて情報量を詰め込んでも、人に伝わらないものでは意味がありません。


 可能な限り多少のスペースを使ってでも『間』のコマを活用し、『伝わる』マンガを作ろうとするのがマンガ制作.comの考え方です。


 この様な『間』は、プレゼンテーションや商談の場でも大事ですよね。

 マシンガントークでしゃべりまくっても、聞いてる人は疲れるだけですし、伝わりもしません。

 伝え上手の人は、いかに『話さないか』も考えています。


 話さない時間は、相手が『考える時間』にもなります。

 だから、伝え上手の人は『間』を大切にします。


 マンガでも同じで、いかにセリフを減らすかが、逆に相手に伝わるマンガになることが多いのです。

やっぱり絵の方が文字よりも伝わりやすい



 フキダシのセリフよりも、絵の方が印象が強く残りませんでしたか?


 これはコミュニケーションのテーマではよく見かける『メラビアンの法則』にも当てはめることが出来ます。


 メラビアンの法則とは、私たちのコミュニケーションにおいて『どんな情報に基づいて印象が決定されるか』の割合が示されています。

視覚から入ってくる情報 55%

(見た目やしぐさ、表情など)


聴覚から入って来る情報 38%

(声の質や大きさ、話す速さなど)


話しの内容 7%

(コトバそのものの内容)



 つまり普段のコミュニケーションにおいては、視覚から入って来る情報が印象を決定づける上で大きな影響力があります。

 そのためビジネスの世界でも、表情や身だしなみなどを大切にし、良い第一印象を持ってもらえるように心がけるのです。



 ちなみに、お笑いの『コント』の世界では
「NATOになったらあかん。」
と教えられていると聞いたことがあります。

 NATOとは『No Action Talk Only(ノー アクション トーク オンリー)』。

 つまりコトバだけで笑わそうとしたらあかん、ということらしいです。

 動作など資格に訴える情報を大切にしろ、という教えですね。

 

 ところでマンガは、声は出ませんが、日頃のコミュニケーションでも大きな影響を与える視覚から入って来る情報の塊と言えます。

 もちろん話しの内容(フキダシのセリフ)も大切ですが、登場人物の表情や仕草などはもっと大切です。



 娯楽のマンガは、登場人物の表情や仕草などを上手に描いて面白く仕上げます。

 ビジネスのマンガは、伝えたい内容が相手に分かりやすく伝わるように考えて絵を描きます。


 いくら絵が上手くても、ビジネスの経験が少ない人は伝えるべきポイントが分からない為、とにかく芸術的な上手な絵を描こうとしますが、ビジネスのマンガは絵の自慢大会ではありません。



 ビジネスのマンガを作る際には、伝えるべき内容を洗い出し、それがビシッと伝わる絵の構成を考えます。

 だから伝わりやすいのです。



 この様にイメージ付けにも活用します。


 やっぱり最後の絵。

 文字だけでなく絵で表現すると、成功イメージが描きやすいと思いませんか?

なぜマンガは分かりやすいのか



しかし、単に分ければ良いというものではありません。

『分け方』によっても『印象』が変わります。



マンガは単なる絵と文字の組み合わせではありません。

読者が分かりやすくするように、文字や絵を分けるのはもちろんですが、一番大切な事はマンガの『目的』です。

ビジネスのプレゼンテーションと同じく、読者にどんな印象を持ってもらいたいかを考えて組み立てています。

だからマンガは分かりやすいのです。