99%失敗することを、99%成功させるには

CEO俱楽部の例会で、出雲社長の講演をお聞きしました。

自社の話しだけでなく、ビジネスにとって大切なお話をたくさん聞かせて頂き
とても多くの学びを頂きました。

 

中でも特に印象に残ったのが、

『99%失敗することを、99%成功させるには』

です。

 

成功する秘訣は、『成功するまでやる』

これはよく言われることですが、それを数字で教えて頂けたのは衝撃でした。

 

 

「あっ、それ、99%失敗するよ。」

そう言われることがあります。

 

これってつまり、

「1%成功するよ」

と言われているわけです。

 

ということはつまり、100個のうち1個の当たりの球をつかむ確率は何%でしょう。

という確率の問題になります。

 

100個の球を1個とります。

とった球を箱の中に戻さなかったら、100個(回)とれば必ず1個は当たりがありますので
99%失敗すると言われても、100回チャレンジすれば必ず当たり・成功します。

 

 

でもそうではなくて、とった球を箱に戻し、つねに100分の1のくじ引きをする計算を
しなくてはなりません。

 

 

 

この条件で100分の1のくじ引きを100回ひいたら、当たりをひく確率は何%でしょうか?

64%です。

 

 

この考えから、99%外れ・失敗(つまり1%の当たり・成功)のくじを
何回ひけば、99%の確率で当たるかを計算すれば良いということになります。

 

 

「99%失敗するよ」と言われたら、

「1%成功するんだ」と置き換えます。

 

 

そして、1%の当たりくじを99%の確率でひける回数は・・・

 

 

458回、です!

 

 

 

つまり99%失敗することは、

458回チャレンジすると

99%の確率で成功出来るのです。

 

 

出雲社長はユーグレナ(ミドリムシ)を500社に持って行って断られたそうです。

 

500回失敗してもチャレンジし続けたからこそ、今では誰もが知っているユーグレナが
世の中に出たわけです。

 

すごいですね。

 

458回・・・

 

やみくもにゴールが見えないマラソンを走り続けるよりも

458回で99%、という数字を知っていれば、100回や200回の失敗は

通過点だと割り切って考えることができます。

 

200回の失敗ですら、折り返し地点にも来ていないのです。

 

 

出雲社長にはとても素晴らしいことを教えて頂きました。

感謝です。

 

 

【追伸】

確率の計算は、エクセルですると簡単です。

 

前の記事

新・国立競技場